Tome文芸館 Annex

自作読み物を紹介。動画用朗読音声を常時募集。英訳はGoogle翻訳。

沈黙の会議

着席した3人がテーブルを囲んでいる。
私、成型加工会社の社長、知り合いの女。

打ち合わせをしてる感じはない。
しばらく黙って向き合っているだけ。

私はテーブルにあった物体を手に取る。
プラスチック製の折りたたみヘッドフォンか。

これを参考にしての商品開発会議かも。
折ってみるが、なんのアイデアひらめかない。

社長が電動シェーバーらしきものを手に取る。
電源スイッチを入れて私に手渡す。

スイッチを切るが振動は止まらない。
キャップを外したり分解して、やっと止まった。

「これが正解なの?」
その返事、聞きそびれた。


Silence Meeting

Three seated people surround the table.

A woman I know,
the president of a molding company, and me.

I don't feel like we are having a meeting.
We just face each other silently for a while.

I pick up the object that was on the table.
Folding headphones made of plastic?

It may be a product development meeting
with reference to this.

I try to fold it, but I can't think of any ideas.

The president picks up something
that looks like an electric shaver.

He turns on the power switch and hands it to me.

I turn off the switch, but the vibration does not stop.

I took off the cap and disassembled it,
and finally it stopped.

"Is this the correct answer?"
I missed the reply.