Tome文芸館 Annex

自作読み物を紹介。動画用朗読音声を常時募集。英訳はGoogle翻訳。

ゴム鉄砲


指のゴム鉄砲で友人と遊んでいる。

「ヘイ。ここに当ててみな」
おれは尻をペンペン叩いて挑発する。

「当たると痛いよ」
「輪ゴムだろ。痛くないよ」

それでも彼は躊躇ちゅうちょする。

それではと股間を突き出す。
「ヘイヘイ。どうだどうだ」

ついに輪ゴムが発射された。

ほらね。全然痛くない。
ちょっと涙目になるくらいさ。

f:id:tomekantyou:20210512100841p:plain


Rubber Gun

I'm playing with a friend
with a rubber gun on my finger.

"Hey. Hit it here."
I slap my ass and provoke him.

"If this hits you will hurt."
"Rubber band? I don't hurt."

Still he hesitates.

Then I stick out my crotch.
"Hey hey. How is it?"

Finally the rubber band was fired.

you see. I don't hurt at all.
It's just a little teary.

緋牡丹博徒


緋牡丹のお竜 
 あねさんの

    着物のすそ
     はらりと割れるや 

   ほの白き
    太腿の切っ先

      我がまなこ
       突き刺さりて

     ああ
    得も言われぬ 

f:id:tomekantyou:20210511091431p:plain


Hibotan Bakuto 

Scarlet peony dragon woman
As soon as the hem of her kimono cracks 

The tip of the white thigh pierces my eye 

Oh 
I can't say anything about it
 

ハンドルの義手


サーカスのテントの中。
これ見よがしに大型バイクが置いてある。

なんとも奇妙な仕様。
ハンドルを握るように義手がついている。

見世物としての意味があるのだろう。
義手の腕を握るようにして運転を試みる。

横倒しの自転車、またはその車輪が
傾いて歪んだ床に所狭しと散乱している。

これらを避けて進むのは難しい。
実際、失敗してしまった。

だが、団長は見事に乗りこなしたそうだ。

なにくそ。
レベルは段違いなれど、対抗意識がわく。

f:id:tomekantyou:20210510085957p:plain


Artificial Arm of handle

Inside the circus tent.
There is a large motorcycle on this look.

What a strange specification.
An artificial arm is attached to hold the handle.

It may be meaningful as a spectacle.
I try to drive by grasping the artificial arm.

A sideways bicycle, or its wheels,
are scattered all over the tilted
and distorted floor.

It is difficult to avoid these.
In fact, I have failed.

However, the leader seems
to have managed it brilliantly.

I will not lose.
The levels are different,
but I have a sense of opposition.

突風の街


オフィス街らしき景観。
どこかへ行くつもりで歩いていた。

なにやら不穏な気配がする。
そして突然の強風。

街路樹の樹冠が一瞬のうちに吹き飛ばされた。
しかも、残った枝に火がくすぶっている。

なんだこれは? ありえない。
悲鳴が聞こえる。群衆が騒ぎ出した。

「逃げろ。ここにいたら死ぬぞ」
まさに。

とりあえず風下へ向かう。

ビルや鉄塔が傾いている。
いつ倒壊しても不思議ではない。

どこへ逃げたらいいのかわからない。
風圧で片耳に痛みを感じる。

f:id:tomekantyou:20210509090714p:plain


Gust City

A landscape that looks like an office district.
I was walking with the intention of going somewhere.

I feel something disturbing.
And a sudden strong wind.

The canopy of the roadside tree was blown away in an instant.
Moreover, the remaining branches are smoldering.

What is this? Impossible.
I hear a scream. The crowd started to make noise.

"Run away! We'll die if we're here!"
That's right.

For the time being, I head downwind.

Buildings and towers are tilted.
It's no wonder they collapse at any time.

I don't know where to escape.
I feel pain in one ear due to wind pressure.

油揚げを切る


長い長い油揚げを端から切り刻んでいる。
見えない包丁のようなもので。

そのすぐ隣では、誰かが同様に
紙テープのようなものを切っている。

これらイメージが何を意味するか 
今のところ不明。

ある種の問題に対する解法を示している
ような気がしないこともない。

f:id:tomekantyou:20210508085013p:plain



I Cut a Fried Tofu

I use something like an invisible knife to chop a long,
long fried tofu from the edge.

Right next to me, someone is cutting something
like paper tape as well.

It is currently unknown what these images mean.
I feel like it shows a solution to a certain problem.

新聞は毒


空家になっても玄関ドアに新聞が入れられる 
という配達ミスがあった。

それで久しぶりに新聞を読んだのだが 
すぐに気持ち悪くなってしまった。

さあ読め、ほれ読め。
これも読め、あれも読め。

知らないと大変なことになるぞ。
世間から置いてきぼりにされるぞ。

押しつけがましき雑多な情報の冠水状態。
目と胃が拒否反応を起こす。

我々はすべてを知る必要はない。
関係ない情報、邪魔な情報は有害。

落ち着いて考える時間を蝕むばかり。

f:id:tomekantyou:20210507170953p:plain



Newspapers Are Poisonous

There was a delivery mistake that
newspapers could be put in the front door
even if the house was vacant.

So I read the newspaper for the first time
in a long time, but soon I felt sick.

Read it, read it.
Read this too, read that too.

If you don't know it, it will be a big deal.
You will be left behind by the world.

The state of flooding of miscellaneous information
that is intrusive.

Eyes and stomach reject.

We don't need to know everything.

Unrelated information and disturbing information
are harmful.

It just eats up the time to calm down and think.

買いかぶり


ある犯罪者を警察が逮捕した。
こいつはおれを殺そうとしたらしい。

つまり、殺人未遂だ。

理由は不明。面識もない。
それで拷問に近い尋問が行われた。

こいつはおれが持つなにかしらの能力を
現在の半分以下にしたかったらしい。

心当たりないが、きっと買いかぶりだろう。

死刑になることはなさそうなので 
いずれこいつは出所するはず。

その時どう対処すべきか、悩ましいところだ。

f:id:tomekantyou:20210506123351p:plain



Overestimate

Police arrested a criminal.
This guy seems to have tried to kill me.

In other words, it is an attempted murder.

The reason is unknown.
I have no acquaintance with him.

So he was cross-examined, close to torture.

He wanted to reduce my ability
to less than half of what it is now.

I don't know, but I'm sure it's his overhead.

He is unlikely to be sentenced to death,
so he should be released.

At that time,
I'm worried about how to deal with it.

紙封筒


女がいきどおっている。
ドア越しに紙封筒を差し出しながら。

制度の悪用を非難しているらしい。
どうやら犯人が特定できないようだ。

気持ち、わからんでもないが 
非難したところで、改善されるものでなし。

手間はかかるが、個別に
しらみつぶしに当たってみるか。

f:id:tomekantyou:20210505173437p:plain



Paper Envelope

The woman is indignant.
While presenting a paper envelope through the door.

She seems to be blaming the abuse of the system.
Apparently she can't identify the culprit.

I understand her feelings,
but what she blames does not improve.

It's a lot of work,
but let's try to squeeze it individually.

差し障り


事務所で同僚たちと世間話をしていた。
社員と恋人、仕事と趣味、みたいなテーマ。

恋人にデザインを発注するのは社員として
いかがなものか、みたいな内容。

どうでもいい話だ。
具体的でないのは、世間に差し障りあるからだろう。

そういう意味において 
有名人でないのは幸いではあるかな。

f:id:tomekantyou:20210504110807p:plain



Annoying

I was chatting with my colleagues at the office.
Themes such as employees and lovers,
work and hobbies.

It's like how he would like to order a design
from his lover as an employee.

It doesn't matter.

The reason why it is not concrete is that
it is a hindrance to the world.

In that sense,
I'm fortunate that I'm not a celebrity.

振動しながら


おれと女と男の子が一緒にいる。
親子ではないが、そこそこ親しい関係。

道路からちょっと離れたところに
宮殿風のリゾートホテルが建っている。

これから三人でホテルの丸屋根を掃除する予定。
実際、もう始めている。

蜂のように空中を浮遊しながら丸屋根に接近。
蜂の翅のように細かく細かく振動しながら。

f:id:tomekantyou:20210503120038p:plain



While Vibrating

I, a woman and a boy are together.

We are not parents and children,
but we have a decent relationship.

A palace-style resort hotel is built
a little away from the road.

From now on, we are planning
to clean the dome of the hotel with three of us.

In fact, we have already started.

We approach the dome
while floating in the air like a bee.

While vibrating finely like a bee's wing.